一般事業主行動計画について|日立埠頭
一般事業主行動計画について

2018年4月1日

日立埠頭株式会社行動計画(次世代育成支援)

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間

計画内容

目標1 育児・介護休業法に基づく育児休業や時間外労働・深夜業の制限、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業等の諸制度の周知
≪対策≫ 出産・育児・介護に関する制度案内を社内イントラに掲載し、周知徹底する。
目標2 所定外労働削減のための措置
≪対策≫ 所定外労働の原因の分析を行う。
管理職を対象とした研修を実施する。
部署ごとの所定外労働時間の実績(月毎及び月半ば)を報告し、削減努力の徹底を図る。
目標3 子どもが保護者である社員の働いているところを実際に見ることができる職場見学会を実施する。
≪対策≫ 夏休みを利用して見学会を実施する。
社内親睦行事への家族の参加を推奨する。
目標4 若年者に対する就業体験機会を提供する。
≪対策≫ 学校と連携し、職場体験を実施する。

日立埠頭株式会社行動計画(女性活躍推進)

女性技術者を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のような行動計画を策定する。

計画期間

2018年4月1日から2021年3月31日までの3年間

当社の課題

(1)女性のほとんどは事務職で、配属先が偏っている。

(2)女性の応募者が少なく、女性技術者が少ない。

計画内容

目標1 技術職の女性を現員の1人から2人以上に増加させる。
≪対策≫ 事務職に配置されている女性社員の技術職への転換希望を把握する。
現場見学会を開催する。